出会いの数は相席屋以外にも沢山ある

出会いの数は相席屋以外にも沢山ある

出会いは相席屋もあるし、他にも沢山ある。今回は素敵な出会い!

 

 

 

当時、バスで通勤していた私は、毎朝バスの中で顔を合わす女性がなんとなく気になっていました。

 

 

 

その女性は私と同じバス停で降りました。「どこの会社に勤めているんだろうなぁ・・・」と思っていました。

 

 

 

幾日かたって、新入社員だった私は研修期間を終えて、先輩と取引先に出かけました。すると私の会社の近くの取引先に彼女がいたのです。

 

 

 

「ああ、すごい偶然だなぁ」と思っていました。その後、何かと理由をつけて彼女の取引先へ先輩と同行しました。

 

 

 

挨拶程度から、多少の会話をする程度になり、私は意を決して彼女をデートに誘いました。するとOKの返事でした。

 

 

 

ですが、後で振り返ってみると、私に好意があったわけではなくて、彼女は私の誘いを断ると仕事上めんどくさいことになると考えたのでOKしたのでした。数日後、彼女とデートをして、その別れ際に次回の約束をしようとしましたが、遠回しに断られてしまいました。

 

 

 

しかし、私は彼女のことをあきらめることが出来ずにいました。そうして数か月がたち、デートをしたときに聞き出した彼女の誕生日が近づいてきました。プレゼントをしようと思いましたが、直接渡す勇気がありませんでした。彼女の自宅宛に送ろうと考えましたが、彼女の住所がわかりませんでした。どうしたものかと悩んだ結果、私は彼女の会社の彼女宛に花束を贈ることにしました。誕生日当日の夜、彼女から電話がかかってきました。

 

 

(花屋さんに花束を贈ってもらった際に送り主の欄に自分の名前と電話番号を記入したので。

 

 

 

 

当時、携帯電話など無かったのです・・・。)「花束、ありがとう。うれしかった。」という電話でした。これをきっかけに彼女との仲が進展していきました。そして付き合うことになりました。

 

 

 

時代の流れかもしれませんが、遺品り整理の形も凄く変わりつつあると思っています。

 

 

自分のリソースをどこに捻出するか、後は面白いこと、面白くないことでやり方は変わってくると思う。

 

 

遺品整理は大切な思い出を選択する上で欠かすことができない。ただ逆にしっかりと業者選びも難しいと思っています。

 

 

 

遺品整理を選びたい人はこちらをご覧ください。

 

 

遺品整理ガイド‐費用や低い買取価格に失敗しない業者の選び方!